自毛植毛専門の解説サイト

自毛植毛徹底解説


当サイト基本情報

当サイトでは、自毛植毛について徹底解説致します。基礎的な知識から、メリットやデメリット、体験談、最適クリニックも含めて紹介予定です。

体験談は実際に手術を体験した方へ取材をし、その情報を元に、詳しく解説したいと思います。皆様が気になるであろう部分について、当サイトでも徹底調査し、出来るだけ細かくアップします。

もし手術前に何か不安なことや、困ったことがある方は、当サイトをご活用下さい。最終的には全て解説、解決出来るサイトを目指します。(※ただ、より具体的な詳細は医療機関に相談しましょう。)

※随時、修正や更新も予定しております。2017年4月現在

自毛植毛とは

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄い部分に移植する治療方法です。自分自身の髪の毛(自毛)のため、拒絶反応もほとんどの場合でありません。その点で人工植毛とは異なります。

薄毛・抜け毛(AGA)の原因である男性ホルモンから生まれる、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けにくい場所でもある後頭部などの部分の毛髪を移植する治療のことを、自毛植毛と言われています。

薄毛を誘発するDHTの影響を受けにくい毛髪を薄い部分に移植するため、一度植えると半永久的に生え続け、メンテナンスも不要というメリットがあります。

最近のある程度有名なクリニックで行われている自毛植毛手術のレベルは上がっており、生え際の自然さに非常に注意してデザインがされるため、手術したのかもわからないくらいの自然な仕上がりを実現することが可能な点もメリットの一つです。

男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)でも、十分な経験と技術を有する医師が行う場合は、推奨度B「行なうように勧められる」に評価されています。(2010年版)

最近では有名サッカー選手も自毛植毛手術を受けたことを公表したり、積極的に経過を公開したりするケースも出てきました。

今後、男性型脱毛症(AGA)治療として、自毛植毛が今まで以上に普及&一般的になっていく可能性はあります。

また、上記でも説明しました、「一度植えるとその部分は半永久的に生え続けメンテナンスは不要」ではあるものの、当然ながらそのメリットはその部分のみであり、他のエリアの薄毛の進行は防ぐことは出来ません。

そのため、自毛植毛の手術後、他エリアの進行をなるべくさせない&遅らせるといったことは必要になります。

さらには2回、3回と手術をしていくことも場合によってはありえます。やはり植えた毛だけ残ってしまいデザイン的に崩れる可能性がないとは言えないからです。

また、1回の手術では密度に限界があるのもその理由です。ある意味このことはデメリットの1つと言えます。

ただ、元からオデコ(額)が広いケースでM字部分を修正しただけの場合は、あまり問題ないことも多いのでケースバイケースだとも言えます。自分の薄毛のタイプを把握しておくことも大切です。

当サイトでは、それらを含めて、自毛植毛手術後の他エリアの薄毛進行の遅らせ対策、AGA治療・薄毛対策、増毛などについても出来るだけ幅広く紹介していきます。

≫自毛植毛・体験談&口コミ

安心と信頼性で選ぶクリニック
無料メール相談、資料請求はネットで可能!

≫自毛植毛クリニックの詳しい情報・比較ウェルネス

ウェルネス・クリニックグループ※閉院しました
安全性と卓越した医療技術(ボズレー式)
遠方の方でも画像診断で対応可能!
独自の目立たない縫合術

ニドー植毛相談所ニドー
植毛のパイオニアとして30年の歴史
全国規模のネットワーク
AGA(男性型脱毛症)治療も可能