日本皮膚科学会ガイドライン

トップページ≫皮膚科学会ガイドライン

男性型脱毛症診療ガイドライン

社団法人 日本皮膚科学会は、様々な診療ガイドラインを発表しております。
その中で、男性型脱毛症診療のガイドラインの公開も2010年4月にありました。

ガイドラインは、科学的根拠に基づいて作成、公表されています。(推奨度・5段階評価)

自毛植毛は、B評価の「勧められる」に評価されました。2010年4月発表
(日本皮膚科学会 http://www.dermatol.or.jp/

日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドライン

A 評価 「行なうよう強く勧められる」
ミノキシジル、フィナステリド(リアップやプロペシア)

B 評価 「行なうよう勧められる」
自毛植毛術、 かつら

C1 評価 「用いることを考慮して良いが、十分な根拠がない」
塩化カルプロニウム、tフラバノン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール

C2 評価 「根拠がないので勧められない」
セファランチン

D 評価 「用いてはならない・行わないよう勧められる」
人工植毛、フィナステリド(女性)

育毛に関しては色々試したくなりますが、いかに効率的且つ効果的に行なうかが鍵になります。

上記のガイドラインのA評価、B評価のみを徹底することが最も効率的でしょう。もちろん、自分に合う合わないもありますし、研究論文があるものを基準に評価しているもので、あくまでも標準的ガイドラインですが、

まずはA評価のミノキシジルやフィナステリドを行い、さらにその上で自毛植毛術をしていくという流れが、現状では最強の組み合わせと評価されています。