育毛メソセラピー治療

トップページ≫育毛メソセラピー治療

育毛メソセラピー治療について

イメージ画像

育毛メソセラピーは、医療薬などを直接注入(毛根直下)する治療方法の一つで、様々な薄毛治療クリニックで行うことが可能です。

注射を用いる一般的なタイプや、針を使用しないレーザータイプなど種類も豊富で、さらに各クリニックにより注入する治療薬や栄養素などにも違いがあります。

しかし、様々なタイプのメソセラピーがあるとは言え、共通するのは医師の管理のもと行われる医療行為ということになります。

自毛植毛と相性が良い?

この育毛メソセラピーですが、比較的自毛植毛との相性は良いのではないかと思われます。

手術後の他エリアの進行予防など含め、検討の余地はある対策&治療方法です。

例えば、SBC毛髪医療センターの育毛メソセラピーのページにおいても、適応ケースとして記載されています。

簡単にまとめます。

・自毛植毛をしたものの密度が足りていない方

・今後、何度も手術をするのに抵抗のある方

・既に数回植毛をしており、これ以上は出来ないようなケースの方

このような点が適応ケースとして挙げられます。

つまり、自毛植毛のデメリットに対してある程度対応が可能です。

※自毛植毛のメリットとデメリットの詳細はこちらのページも参照下さい。

手術後、他エリアの進行予防のため、プロペシア服用やミノキシジル塗布も、一般的かつ効果的です。それに加え育毛メソセラピーを予防治療にプラスすれば、さらなる効果が期待出来ます。

また、プロペシア服用・ミノキシジル塗布(内服薬と外用薬)で思うような効果が得られない方にも、次なる対策として検討の余地はある治療法です。

メソセラピーはクリニックによって注入する成分などに違いはありますが、基本的には有効成分を体内へダイレクトに注入します。

また、メソセラピーの注入成分にミノキシジルも入っているクリニックも多いです。

ミノキシジルは、毛根直下へ直接注入する方が、塗布するより効果的で強力だと言われています。

注射と聞くと痛そうだと思う方も多いかもしれませんが、上記で書きましたように注入方法は色々とあり、針を使わないタイプもあります。針を使用しないので無痛に近いと言われています。

繰り返しになりますが、上記のように育毛メソセラピーは自毛植毛後の薄毛対策(他エリアの進行予防など)に対しても検討の余地は十分ある治療方法です。

もちろん、植毛をしていない方、植えて増やしたいが手術には抵抗がある方にも効果的な治療法です。

最後にちょっとした注意点ですが、やはりクリニックによって注入法や有効成分に違いがあるように、費用にも違いがあります。比較的リーズナブルなクリニックもありますが、高額になりがちなクリニックもございます。

有効成分にそれほど違いがなければ、費用の安い病院でも良いと個人的には思います。現在全国にある多くの薄毛(AGA)治療クリニックで育毛メソセラピーがメニューにありますので、自分に合うクリニックを比較して選ぶことは可能です。

上記で書きましたSBC毛髪医療センター(湘南美容外科クリニック)は有名なクリニックですが、他にも銀クリ.comなどもリーズナブルな価格かつ知名度があります。

スポンサード リンク