自毛植毛のメリット・デメリット

トップページ≫メリット・デメリット

メリット・デメリット

自毛植毛のメリットとデメリットを説明します。

こちらのページでも記載しましたが、大きなメリットは3つあります。

・移植した部分は半永久的に生え続ける

・移植後のケアが特に必要ない。費用もかからない。
(メンテナンスフリー)

・植毛したことが全然わからない程の自然な仕上がり

上記以外では、人工植毛との違いを比較しても、「自分自身」の毛髪を薄いエリアに移植するため、拒絶反応がほとんどの場合出ないというメリットもありますし、他の育毛やプロペシアなどでも効果が見られにくいM字部分の修正に関しても、高い効果&満足感が出る点も大きなメリットと言えます。≫M字への効果の体験談

次にデメリットについてここでは体験談に基づき、3つ上げます。

・ドナー部に傷が残る。(目立ちませんがどうしても傷は残ります)

・ドナー部の傷の治りが比較的遅い(個人差があります)

・手術費用が比較的高額

上記以外にも、術後の頭にある違和感や、ショックロスのリスクや、痺れの発生、移植部にきびが出来やすくなると言ったデメリットもありますが、ほとんどの場合、ある程度の期間が経過すると治ります。ただ、ドナー部の赤みは思ったより長引く場合があります。

また、当然のことかもしれませんが、自毛植毛をした部分以外のエリアの薄毛の進行は防げません。

移植した毛に関しましては特にケアなどの必要がない点は大きなメリットですが、その他の部分の薄毛の進行の可能性はあります。

将来的に他エリアが進行してしまうと、全体のデザインが微妙に崩れる可能性がある点は、逆にデメリットの一つとも言えるでしょう。

メンテナンスフリーという大きなメリットはあるとは言え、上記のような心配点はどうしてもあるため、フィナステリドやミノキシジル、または他の育毛、薄毛対策をし、出来るだけ薄毛の進行を遅らせる必要は出てくる可能性はあります。≫詳しい方法はこちら

さらには数回の自毛植毛で埋めていく必要もあるかもしれません。(費用がかかる)

他の対策としましては、予め将来の進行を予測し、最初からなるべく奥の方へ植毛するという方法もあります。カウンセリングがありますので、心配な点は予めクリニックに全て伝え、事前に話し合っておくと良いでしょう。

安心と信頼性で選ぶクリニック
無料メール相談、資料請求はネットで可能!

≫自毛植毛クリニックの詳しい情報・比較ウェルネス

ウェルネス・クリニックグループ閉院しました
安全性と卓越した医療技術(ボズレー式)
遠方の方でも画像診断で対応可能!
独自の目立たない縫合術

ニドー植毛相談所ニドー
植毛のパイオニアとして30年の歴史
全国規模のネットワーク
AGA(男性型脱毛症)治療も可能